部位によるヘアスタイルの特長 上の髪の場合

ヘアスタイルの形状による特長で、上の髪の場合はどうでしょうか?

分け目付けるヘアスタイルの場合

きちんとしているイメージで、古風な感じがします。
メリットとしては、ヘアスタイルの上の髪のボリュームを押さえられるといった効果があり、清潔感や、きちっとしたイメージのヘアスタイルにしやすいです。
デメリットとしては、ヘアスタイルに動きを出し難くなり、ボリューム感があまり出ません。
また、分け目を変えると、ヘアスタイルのバランスが崩れるといった場合があります。
注意点としましては、 いつも同じ場所で分け目を付けていますと、跡がついてしまって他の場所から分け難くなってしまいます。
ヘアスタイルの分け目はたまには変更するほうが良いでしょう。

分け目無しヘアスタイルの場合

カジュアルなイメージで、可愛らしさがあります。
メリットとしましては、ヘアスタイルに動きを出せますし、ボリューム感を出した形でのヘアスタイルアレンジも色々とできます。
デメリットとしては、あまり長さが短いと、ヘアスタイルのボリュームが出すぎたり、髪が立ってしまう恐れがあります。
注意点としましては、ヘアスタイルによって、流す方向や長さについて良く確認をしてからカットをしてもらいましょう。また、髪のはえグセや毛流れによって、ヘアスタイルに分け目が勝手に出来てしまうような人もおりますから、注意しましょう。

INFORMATION

2016/04/18
部位によるヘアスタイルの特長 前から横の場合 ページ更新しました。
2016/04/11
部位によるヘアスタイルの特長 上の髪の場合 ページ更新しました。
2016/04/05
長さによるヘアスタイルの特長 短い場合 ページ更新しました。
2016/03/29
部位によるヘアスタイルの特長 後ろの髪の場合 ページ更新しました。
2016/03/22
長さによるヘアスタイルの特長 長い場合 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

ヘア・トレンド

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。