長さによるヘアスタイルの特長 短い場合

長い場合のヘアスタイルの特長を先に述べましたが、中くらいの長さや短い場合にはどうなのでしょうか?

ヘアスタイルが 肩上であるボブカットの場合

イメージとしては活動的といったところでしょうか。清潔感もあって可愛らしさがありますね。
ボブヘアーの場合のメリットは1番お手入れが楽だという点だと思います。
まとまり易いですし、スタイリング次第で、いろいろとヘアスタイルを遊べる楽しさがあります。
ヘアスタイルバリエーションも豊富ですから、落ち着いた感じにカットすれば、カッコイイ女性のイメージにも変身可能です。
ただしヘアスタイルを維持するには、2~3ヶ月に1回のまめなカットが必要となります。また、毎朝のヘアセットをしないと、ヘアスタイルが生かされないことになります。
短いヘアスタイルほど、毎朝のヘアセットが大切になってきますし、ロングヘアーのように、ヘアスタイルをごまかしにくいです。
その上、夜しっかり乾かさないと、寝ぐせも付きやすくなりますので、その点も注意が必要になります。

ヘアスタイルがアゴ上のシュートヘアーの場合

イメージとしては元気で活発、明るいといった感じです。 良い 髪を洗う事や乾かすのがとにかく楽なヘアスタイルですね。
女性は長いヘアスタイルの人が多いですから、目立つヘアスタイルと言えば、そう言えますし、個性的にもなりやすいヘアスタイルでもあったりします。
デメリットとしましては、スタイリング剤を使ってのヘアセットが必要になり、
ヘアスタイルのヘアセットに慣れていかないと最初は大変かもしれませんね。
注意点としましては、1ヶ月に1回のヘアスタイルのカットといった形でまめにカットしないと、すぐヘアスタイルが崩れていきやすいです。
後ろの髪まで気にしてセットしないといけません。また夜はしっかり乾かして寝ないと寝ぐせも付きやすくなります。

INFORMATION

2016/04/18
部位によるヘアスタイルの特長 前から横の場合 ページ更新しました。
2016/04/11
部位によるヘアスタイルの特長 上の髪の場合 ページ更新しました。
2016/04/05
長さによるヘアスタイルの特長 短い場合 ページ更新しました。
2016/03/29
部位によるヘアスタイルの特長 後ろの髪の場合 ページ更新しました。
2016/03/22
長さによるヘアスタイルの特長 長い場合 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

ヘア・トレンド

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。