自分にとってベストなヘアスタイルは?

ちょっとイメチェンしてみようかって思う時、どういったヘアスタイルが果たして自分にとって良いのかって悩みどころですよね。自分に合うヘアスタイルを考案する際のポイントって一体なんでしょうか?
そういった悩みにこたえるために、色々な角度から見た上で、どういったヘアスタイルが望ましいか、これからお伝えしていきましょう。
これを知っていれば、美容室に行ってヘアスタイルをどうするか聞かれた時にはちゃんと伝えやすくなりますよ。

ヘアスタイルで重要な髪質とは


きっと誰も自分の髪質について一度は悩んだことあると思います。髪質というのはきっと人それぞれですからね。
特に、髪が硬いとか、髪が柔らかいといったような悩みですと、髪が硬い場合にはヘアスタイルで柔らかい感じには出来ませんし、ちょっとパーマとかすると髪のボリュームが出てしまったりして落ち込むこともあるかもしれませんし、逆に髪が柔らかい場合にはヘアスタイルにボリュームが出ないといった悩みどころも出てきますよね。
実際には、他にも髪質によって色々と特徴があるのです。

● 髪が硬い場合 カラーの色が染まり難いといった特長があります。ただし髪は丈夫で傷みにくいといったメリットもありますね。

● 髪が柔らかい カラーが染まり易いという特長があります。ただし逆に髪が傷みやすいといったデメリットがありますね。

でも髪が硬い髪質と柔らかい髪質っていったい髪の何が原因だと思いますか?
実はこれは髪の周りを包んでいるキューティクルが原因なんです。
髪のキューティクルといったものは魚のウロコ状に何枚も重なっていて髪の表面を覆っているのです。
そのキューティクルの重なる枚数によりまして、その人の髪の太さ及び硬さが決まってくるのです。そしてこのキューティクルが多ければ多いほど髪が硬くなって、少なければ少ないほど髪が柔らかくなるんです。
その理由としては髪を覆っているキューティクルが髪を保護してくれうからこのような現象になるのです。
そうしたらなぜキューティクルが多いと、カラーが染まりにくくなったり、パーマがかかりにくくなったりといったことが起こるのでしょうか?
そして、逆にキューティクルが少ないとなぜカラーが染まりやすくなったり、傷みやすくなったりするのでしょうか?
その理由として、カラーリングやパーマの薬が髪に作用する場合、髪の中に浸透して作用するからなのです。
その場合、ウロコ状のキューティクルを突き抜けていくのではなくて、キューティクルのウロコ状の隙間から浸透していくことになるのです。
そして髪のキューティクルの重なりが多くなると、隙間から薬が浸透し難いからなのです。

まずカラー剤やパーマ液が髪に作用する際には、このキューティクルに作用してキューティクルの隙間を広げて、髪の中へと浸透していく形となっております。
キューティクルって、例えていえば髪がまとっている鋼鉄みたいなもので、キューティクルが少ない髪で柔らかい人は、すぐに薬の影響を受けてしまいます。この現象は過剰に反応して傷んでしまいやすいということなんですね。

最近は、このキューティクルをしっかりコーティングするような市販のトリートメントも多いですが、あまりにもキューティクル同士をコーティングするあまりに、美容室でカラーやパーマの薬が浸透し難くなるといった現象も増えておりますから、注意しましょう。

INFORMATION

2016/04/18
部位によるヘアスタイルの特長 前から横の場合 ページ更新しました。
2016/04/11
部位によるヘアスタイルの特長 上の髪の場合 ページ更新しました。
2016/04/05
長さによるヘアスタイルの特長 短い場合 ページ更新しました。
2016/03/29
部位によるヘアスタイルの特長 後ろの髪の場合 ページ更新しました。
2016/03/22
長さによるヘアスタイルの特長 長い場合 ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

ヘア・トレンド

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

掲載情報の参照記事

ウィッグの通販 - My Wig -